ホームページサンプル株式会社のサイトです

パソコンの支払いを分割でローン利用するメリット

スマホやタブレットの大画面化・高性能化が進んでも、ビジネス用途や複雑な作業にはパソコンの方が使いやすいという人も多く、なんといってもプログラムやアプリの種類、プリンタなどのハードウェアの互換性は圧倒的な違いがあります。
ところで、パソコンをはじめとした先進的な電子機器を表す言葉にドッグイヤーというものがあり、人間より成長・成熟や老化が早い犬に技術の進歩を例えています。
同時にパソコンだけではできることは限られていて、何かをするためにはプログラムやアプリが必要ですが、最新機能のアプリは開発時点のハードウェアのスペックで最適化されているため、パソコンが古すぎると能力を発揮することができません。
そのため、パソコンは高価なものを買ってもずっと使えるものではなく、最高の機能を持つものを購入して長く使うよりも、標準的なスペックで普及価格帯のものを3年から5年ごとに更新するのが有効です。

そこで、パソコンは購入するものではなく、3年間や5年間などの決まった期間利用するものと考えると、一括払いよりもローンを利用して分割購入すれば、毎月利用料を支払っていると置き換えることができます。 一般的な市販パソコンの場合は保証期間が1年間ですが、メーカーによっては3年間(2年間追加)や5年間(4年間追加)などの保証延長が可能なものや、直販メーカーの場合でも保証期間の延長を追加できるものがあります。
食品や消耗品は、買ったものがすぐになくなってしまうので支払いを長期間にわたって、金利負担するのは合理的ではないですが、購入後長期間にわたって利用できるものの支払いを一度に済ませるのもまた一考の余地があります。

お金がたまるまで待ってから購入したり、手元のお金を減らして長期間利用するパソコンを購入するならば、3年間使うか5年間使うか、利用予定期間を想定してローン購入するのが費用と効果の適合を取るうえで妥当です。
なお、その場合は支払い途中の故障に備えて保証期間の延長をしておくと安心です。